ブルネイ旅行(その2)国王誕生日 / Hassanal Bolkiah

ブルネイのボルキア国王は29代スルタンであり、初代・現首相であり、絶対的権力を持つ世界的な富豪でありながら、革命家のように眼光鋭く、ハリウッド俳優と見まがうほどのイケメンです。

どこかの独裁国家のデブとは大違い。こういってはミモフタモナイですが、育ちが違います。

そんなボルキア国王のお誕生日 7月15日はブルネイの祝日です。

今年は日曜日だったので月曜日が振替休日に。そして前日の14日から博物館など公共の施設が通常より早めに閉まってしまいました。

 

国王のお誕生日にはお祝いの式典があります。

こちらは前日の会場設営の様子。グラウンドを挟んで向こう側の観客席中央が国王の席ですが、警備はなく観光客でも気軽に入れてしまいます。ブルネイは厳格なイスラム教の国ですが、テロとは無縁のようです。f:id:SINILYAN:20180719221313j:image

午後も夕方が近づくと急に風が強まって涼しくなりスコールが。会場設営も一旦作業を中止します。f:id:SINILYAN:20180719221748j:image

こちらは当日の式典の様子。

f:id:SINILYAN:20180719221928j:image

f:id:SINILYAN:20180720144054j:image